忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

メーカー、工場における開発研究職、設計職における基礎的なお話。新入社員・中堅社員の参考に。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

測定とは基準となるものの比較で行われる。


例えば、物体の長さを測定する場合はものさしが必要となる。
ものさしとは、ある基準の目盛りが振ってある。これをあてがう事で、基準長の倍数を読み取れる。
電流計、電圧計も同様に比較用の目盛りがついている。

尚、この目盛りは有限である。決して無限に細かくつけることができない。デジタルにおいても有限である。つまり、このことは測定値は、必ず有限な桁数をもつことを意味する。

37.564cmの長さの物体があるとする。
1mm単位で目盛りがついたものさしで計るとすると、その測定値は37.56cmまでが、測定の限界であり、それ以下の値は測定不可能となる。よって同じものさしで同じ物体を測定した場合、同様の測定値となる。これを"再現性"という。


しかし、同条件で、同じ結果というのは理想である。
ただ一度の測定で、その測定値を信頼できるだろうか?


たとえば観測点の違いにより、対象点の方向が異なる。これを視差という。
このため、測定器および目の位置によっては値が値がことなる。


01-sisa.jpgそのため、何回か測定を繰り返し、値の確からしさを定める必要がある。
つまり誤差を考慮して、測定値は処理されなければならない。





まとめ

測定とは基準となるものの比較で行われる。

測定値は、必ず有限な桁数をもつこと
を意味する。

観測点の違いにより、対象点の方向が異なる。これを
視差という。

誤差を考慮して、測定値は処理されなければならない。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.6No.5No.4No.3No.2No.1→
サイト内検索
Google Ad
プロフィール
HN:
snaker
性別:
非公開
バーコード
最新コメント
最新トラックバック
P R
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31