忍者ブログ
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

メーカー、工場における開発研究職、設計職における基礎的なお話。新入社員・中堅社員の参考に。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


このステップでは、解決する問題を明確にし、改善の程度を定めます。
そのためには、まず「データを収集する」必要があります。
その後、取り上げるための「問題を明確化」し、「改善の目標」を設定します。



データの収集は数字である必要があります。
初期不良件数14件など、数値で把握することで、現状を確認できます。
もちろん言語データも重要です。


例えば、「温度上昇による設備の一時停止」という問題の場合、収集できる言語データは、「冷却不足」「過剰電流」などがあります。

この段階では、事実を整理し、思考をまとめるのに役立ちます。しかし数字に比べて、主観的なので情報なので、最終的には、設備の表面温度など数字データ分析することになります。


数字データは2種類に別れます。

1. 計量値
測定器によって得られるデータであり、質量、長さ、角度、速度、電圧、連続して得られる値をとるデータです。
1.66や1.1522など無数に値が存在するため、有効桁数に注意する必要があります。

2. 計数値
数えることで得られるデータです。不適合数、傷の数、汚れなど断続的な数字です。




またそれは計画的に収集する必要があります。
5W1Hが基本となります。

・What:何のデータ?
・Why:何のため?
・Who:誰がデータを?
・When:いつデータ収集する?
・Where:どこでデータを?
・How:どのようにして?


計画の段階では、「偏り無く」「必要な数量」「必要なものだけ」を収集することに注意します。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.9No.8No.7No.6No.5No.4
サイト内検索
Google Ad
プロフィール
HN:
snaker
性別:
非公開
バーコード
最新コメント
最新トラックバック
P R
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31